湯の中で屁を放ったようなブログ -とりとめのない無料温泉-

⭐️⭐️⭐️秋田県○○市 廃浴場の強硫黄臭のする冷鉱泉源泉

秋田県の某所。

 

 

この建物の近くまで行くと、風向きによっては硫黄の良いアロマがしてきます。

 

 

この建物、入浴後の休憩室だったと思われます。

もう使われなくなってかなりの月日が経っているみたい。

室内の畳のくたびれ具合からも、相当な期間、放置されているのかも。

 

 

硫黄アロマの発生元を探り当てるため、鼻をクンクンヒクヒクさせて徘徊すると、川向かいに求めていた源泉を発見。

 

 

川の土手から立ち上がった配管の途中が折れており、その部分から垂れ流されています。

川の中に埋まった土管が見えます。

井戸の跡?

 

 

今は源泉近くで垂れ流されていますが、本来、配管は川の手前まで伸びて、このコンクリのタンクまで引っ張ってきていたようです。

 

 

この貯湯槽の後ろにある建物、これが廃浴場。

 

 

建物内には小さな脱衣所があり、その奥には二人くらいしか入れないほどの小さな浴場があります。

洗い場は土が剥き出しでして、カッピカピにひび割れている。

こちらも、しばらく使われてなさそうです。

 

 

とりあえず源泉は生きています。

しかし源泉は川の向こう側。

仕方がない、行くしかないでしょ。

うー、川の水、ちょー冷たいよ。

 

 

源泉の近くに来ると、かなりの硫黄アロマが広がっています。

鉱泉が落ちた地面には、白い湯の花がいっぱい。

口に含むと、大好きな濃厚硫黄がブワッ。

 

 

鉱泉の温度は12.8℃。

うー、こっちも、ちょー冷たいよ…