湯の中で屁を放ったようなブログ -とりとめのない無料温泉-

⭐️静岡県伊豆市 O源泉の漏れ湯

伊豆市の犬猫温泉を後にして、街中を走っていると、木々の間からチラッと見えた温泉櫓。

「O源泉」と書かれた看板が掲げられています。

 

f:id:abdominalpore:20220203195149j:plain

 

温泉地に行けば、たくさんの温泉櫓を目にすることがあり、そのほとんどは、漏れはなく、全量利用されています。

しかし、なぜかここはピーンと来たんですよ、漏れてそうと。

 

細径を進んでいきますと、一段下がった場所に、草臥れた小屋が2棟あります。

 

f:id:abdominalpore:20220203195725j:plain

 

小屋の奥に抜けますと、先ほど見えた温泉櫓が。

 

f:id:abdominalpore:20220203195908j:plain

 

その足元には、ボロボロの貯湯タンクや配管やらが乱雑に組まれて、至る所から漏れ漏れ漏れw

 

f:id:abdominalpore:20220203194414g:plain

 

湯温はややぬるめ、飲泉しましたが、特にクセのない温泉です。

至る所から漏れまくっており、清掃やメンテされてるようにも思えないし、未使用源泉かな?

 

f:id:abdominalpore:20220203195039g:plain

 

 

さて、今夜のお宿は修善寺温泉

修善寺に来たら、ぜひ訪れたかったのが「共同浴場G湯」。

観光マップにも載っていない、ほぼほぼジモ泉なんですが、利用料を払えば一見さんでも利用できるみたい。

細い路地を抜けると、激渋の外観で佇んでいます。

 

f:id:abdominalpore:20220203194959j:plain

 

ニャンコ?

 

f:id:abdominalpore:20220203194936j:plain

 

ぶち殺すぞゴラァ!と言わんばかりの迫力・・・

一見さんを拒むかのような、イカついバウンサー風ニャンコーズwww

 

f:id:abdominalpore:20220203194943j:plain

f:id:abdominalpore:20220203194951j:plain

 

ニャンコの痛い視線を避けながら、入り口の前に。

 

f:id:abdominalpore:20220203205357j:plain

 

扉をそーっと開けてみますと、これまた渋いぞ、G湯。

 

f:id:abdominalpore:20220203202250j:plain


とりあえず、壁に貼られた注意書きを読むと「入浴券は組合員以外には販売しません」。

やっぱり一見さんは入浴できないのかなぁ?


どうしたものかと悩みに悩み、とりあえず浴室への扉を開いてみますと、中には4名ほどの地元の方々が入浴中。

しかし、皆様からの視線が痛い・・・

「誰だお前は?」

「また非会員が来たよ」

「勘弁してくれよ」

無言で扉を閉めてしまいました・・・


そのままそっと外に出て、慚愧に耐えない忸怩たる思いに馳せる私。

と、いきなり窓が開いて、お着替え中の地元のおじさんが。

「350円払ったら入れるから、入って入って!」と。

 

恐る恐る浴室に入りますと、さっきと打って変わって、皆さんニコニコ顔。

「タオル持ってきた?そこの使っていいよ」

「せっけん貸してあげようか?」

なんて良い人たちなんだぁ!

勝手に排他的な人たちだと妄想していた、自分の汚れ切った心に猛省。

 

さて、浴室内と言いますと、浴場内の脱衣所も渋い。

 

f:id:abdominalpore:20220203195015j:plain

 

脱衣所から一段下がったところに、数名入ったらギュウギュウになるほど小さな湯船が(許可いただいて写真撮ってます)。

お湯は修善寺の集中管理された第1貯湯槽の掛け流しでして、湯温は激アツ。

 

f:id:abdominalpore:20220203194931j:plain

 

修善寺のG湯もステキでしたが、G湯に入られていた地元の方々もステキでした。

⭐️静岡県伊豆市 ペット用の温泉 犬猫温泉

カニを食べるなら、何が好きですか?

ズワイ?タラバ?ケガニ?

個人的には、身がプリプリで味が濃く、食べ応えのあるタラバガニが、キング オブ カニかな。

 

f:id:abdominalpore:20220226184855j:plain

 

しかし静岡県伊豆半島西側にある戸田(へだ)漁港では、タラバガニを超えるサイズの、食べ応え十二分な巨大カニタカアシガニを頂くことができます。

 

ja.m.wikipedia.org

 

立ち寄ったのは「さかなや魚清」。

 

f:id:abdominalpore:20220202224047j:plain

 

タカアシガニなんて普通は流通していないし、水族館でしか見られない世界最大のカニ

大きいもので、ハサミを広げると4m弱にもなる深海に住んでいるカニらしい。

しかし、ここ戸田は深海生物漁が盛んだそうで、深海魚に加えてタカアシガニが頂けます。

そのタカアシガニが、お店の真ん中にある生簀にどっちゃりwww

 

f:id:abdominalpore:20220202225020j:plain

 

流石に4mもある巨大なカニはいないけど、やっぱりデカい。

 

f:id:abdominalpore:20220202225028j:plain

 

高足ガニ定食(4500円)を注文すると、生簀にいるタカアシガニくん1匹が店員さんに連れ去られていく。

ドナドナ、ド〜ナド〜ナ〜。

 

しばらくすると、エビフライと深海魚フライと共に、先ほど拉致られたタカアシガニくんがドーン!

 

f:id:abdominalpore:20220202225035j:plain

f:id:abdominalpore:20220202225058j:plain

 

足の殻には切れ込みが入っており、そこを引っ張ると綺麗にツルンと身が出てきます。

とても一口では食べられない、食べ応えのあるサイズ。

贅沢なほど、口の中をカニの身で充満させることができますが、味はかなり大雑把で水っぽい。

味の濃さでいえば、タラバガニの1/5くらいかな。

 

f:id:abdominalpore:20220202225109p:plain

 

身と違って、蟹味噌は濃厚。

こちらも、人の顔と同サイズの甲羅に大量の蟹味噌が入っており、普通に食べていてはなかなか減らない。

なので、足の殻をストローにして、蟹味噌一気吸いwww

 

f:id:abdominalpore:20220202225050j:plain

 

ちなみに近くには、日帰り施設「戸田温泉 壱の湯」があります。

こちらはナトリウムカルシウム硫酸塩泉が掛け流しで利用されていますが、ちょっと塩素くさいかな。

 

f:id:abdominalpore:20220203191654j:plain

 

そうそう、無料温泉にも行きました。

伊豆半島の真ん中の伊豆市まで移動。

ここにイヌネコ専用の無料温泉があります。

まず目につくのが、これ。

 

f:id:abdominalpore:20220203192025j:plain

 

薄緑色のボックスから、古ぼけたタイル張りの流しにドバドバと適温の温泉が垂れ流されています。

こちらはカルシウムナトリウム硫酸塩泉だそう。

昔はポリバスが設置されていたようですが、撤去されたようですね。

 

f:id:abdominalpore:20220203191940g:plain

 

このお湯を使用したペット用の湯船は、数メートル離れたところにありました。

マニアがイヌネコに負けじと入浴していた湯船です。

 

f:id:abdominalpore:20220203192015j:plain

 

しかし、お湯が流れていない。

ホースの根元にバルブがあるので、これをひねれば出てくる・・・ん?出てこないぞ。

こちらの湯船への湯は止められており、もう利用できないみたいですね。

⭐️⭐️⭐️福岡県みやま市 長田鉱泉場

福岡県矢部川の北側、筑後市にあるのが「船小屋温泉」。

 

abdominalpore.hatenablog.com

 

一方、矢部川を挟んだ南側、みやま市にも同様の炭酸鉱泉汲み場があり、こちらは「新船小屋温泉」の長田鉱泉場。

船小屋鉱泉所よりも、駐車場は広めで、お土産物屋さんもあります。

この日も、とっかえひっかえ、大きな容器を持った方がたくさん来られていました。

 

f:id:abdominalpore:20211210080716j:plain

 

駐車場の奥には足湯も完備。

土日のみ利用できるみたいで、この日はお湯が張られていませんでした。

 

f:id:abdominalpore:20211210080607j:plain

f:id:abdominalpore:20211210080615j:plain

 

昔は、足湯の横に浴場もあったそうですが、台風で倒壊してしまい廃業したとのこと。

残念。

 

長田鉱泉場の小屋も、船小屋鉱泉所と同じく、外観内観ともにレトロな雰囲気。

 

f:id:abdominalpore:20211210080622j:plain

f:id:abdominalpore:20211210080630j:plain

f:id:abdominalpore:20211210080653j:plain

 

こちらの謂れを読みますと、「不思議の水と恐れられ、誰一人としてふれることすらしなかった湧水」だってwww

昔は、炭酸のシュワシュワが体に悪い毒物とか、神様の祟りとか思われていたんでしょうね。

 

f:id:abdominalpore:20211210080708j:plain

 

さてこちらの鉱泉ですが、船小屋鉱泉所とは異なり、汲んで持ち帰る場合は有料です。

とはいえば、20円なんですけど。

 

f:id:abdominalpore:20211210080645j:plain

 

ただし、この場で飲泉するだけならば、小屋の入り口に設置してある流しから出てくる鉱泉を、無料で楽しむことができます。

 

f:id:abdominalpore:20211210080701j:plain

f:id:abdominalpore:20211210080559g:plain

 

ここの鉱泉、普通の炭酸泉とは違います。

普通は、船小屋温泉所のように、多かれ少なかれ鉄味がする炭酸泉が多いのですが、ここ長田鉱泉場は純粋な炭酸泉。

ほとんど雑味のない、ウィルキンソンの炭酸水みたいな感じで、これで水割り作れば、市販の炭酸水を買う必要がないくらい。

道理で、多くの方が汲みにくるわけです。

 

⭐️⭐️福岡県筑後市 船小屋鉱泉所

福岡県の矢部川を挟んで、左右の川沿いにある「船小屋温泉」と「新船小屋温泉」。

船小屋温泉は、矢部川の北側の筑後市にあります。

元々当地には、藩の管理下にあった船小屋があったことから、船小屋温泉と呼ばれているそうです。

 

約10年ぶりに船小屋温泉に訪れました。

すぐ近くにある公園の駐車場に車を停められます。

この公園には、「すずめの湯」という簡素で小さな浴場があったのですが・・・ない!

 

f:id:abdominalpore:20211210082238j:plain

 

写真の奥の方に、仮設ぽい浴場があったのに。

ちょうど鉱泉を汲んで来られた方に尋ねると、いつの間にか撤去されたとのこと。

すごく良い温泉だったのに・・・

 

公園の中には、「すずめの湯」の源泉が湧いています。

浴場はなくなりましたが、無料で源泉は楽しめます。

 

f:id:abdominalpore:20211210082142j:plain

 

船小屋鉱泉所は、公園を背にすれば、すぐあります。

「日本一の含鉄炭酸泉」と看板に記されています。

 

f:id:abdominalpore:20211210082150j:plain

 

外観も大正ロマン風、窓ガラスもステンドグラスで、いいですねぇ。

小屋の真ん中に、八角形の井戸と思われるものがあり、側面には蛇口が3個所。

 

f:id:abdominalpore:20211210082158j:plain

 

まずは船小屋温泉の謂れについて。

 

f:id:abdominalpore:20211210082214j:plain

 

工事で亡くなられた方を祀る、三体の木造のお堂があります。

手を合わして、ありがたく頂きます。

 

f:id:abdominalpore:20211210082206j:plain

 

こちらは、蛇口をひねれば、鉱泉が出てきますので、無料で好きなだけ汲めます。

口に含みますと、うんうん、看板で謳っているように、薄ら鉄味のある炭酸泉です。

泉質は、含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)ーナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩冷鉱泉

泉温は20℃とのこと。

鉄味があるため、たくさんは飲めませんが、大昔は炭酸感が珍しかったので、重宝されたんでしょうね。

 

f:id:abdominalpore:20211210082222j:plain

 

ちなみに、八角形の井戸の上面に嵌め込んであるガラスの隙間、危険です。

隙間から、井戸内に溜まっている二酸化炭素が高濃度で漏れ出てきており、激しく咽せます。

一気に大量に吸い込んだら、多分失神するんじゃないかな。

 

ちなみにちなみに、すぐ近くに「川の駅 船小屋 恋ぼたる」という日帰り入浴施設もあります。

泉質的には「すずめの湯」に近い掛け流し施設です。

成分も濃くコテコテ析出系で、なかなか良かったですよ(浴室内写真は、恋ぼたるさんのHPより引用)。

 

f:id:abdominalpore:20211210083549j:plain

f:id:abdominalpore:20211210091622j:plain

 

⭐️⭐️⭐️長野県○○市 山奥にある巨大打たせ湯

さてさて、しんどい山登りです、はぁ。

道っぽいのはあるのですが、ほぼ藪漕ぎしながら、ひたすら登っていきます。

センダングサが種子を作っており、ひっつき虫が身体中をチクチクして痛い。

 

f:id:abdominalpore:20211125103914j:plain

 

結構な急な杣道を登ります。

最終目的地は、まだまだ上の山陰。

 

f:id:abdominalpore:20211125103823j:plain

 

その後は、さらにブッシュに道を阻まれ、しかも普段の運動不足が祟り、足がパンパンに。

 

f:id:abdominalpore:20211125103831j:plain

 

砂防ダムが連なっており、途中で渡渉。

もうこの辺の川は、湯気でムワッとします。

 

f:id:abdominalpore:20211125103840j:plain

 

川の中洲の左右を行ったり来たりしながら、もうすぐ目的地。

 

f:id:abdominalpore:20211125103848j:plain

 

とーちゃーく!

 

f:id:abdominalpore:20211125103755g:plain

 

湧出地は、ここからもうちょっと上に登ったところなのですが、高巻きで登る必要があります。

しかし、悪場すぎて下手すると谷に落下してしまうほど危険。

川を遡上することも可能みたいですが、雨が少ない時期だったため川の温度が熱すぎて、遡上もムリ。

 

ということで、渡渉した砂防ダムの辺りの適温まで戻り、入浴することに。

 

f:id:abdominalpore:20211125103809g:plain

 

温泉藻がびっしりと繁茂しており、足場に注意しながら砂防ダムの下へ。

 

f:id:abdominalpore:20211125103856j:plain

 

湯温はドンピシャ。

硫黄臭がプンプンする巨大打たせ湯。

乳酸パンパンの疲れも雲散霧消です。

登ってきた甲斐がありました。

 

f:id:abdominalpore:20211125103904j:plain

⭐️⭐️長野県白馬村 油臭ぷんぷんのタンクローリーの湯

白馬に宿を取ってましたので、白馬の観光スポットである、白馬ジャンプ競技場へ。

1998年の長野オリンピックで、ラージヒル団体の原田選手とか船木選手らが金メダルを取ったジャンプ台が見学できます。

遠目から見ても、巨大な人工構造物です。

 

f:id:abdominalpore:20211125093718j:plain

 

460円のリフト券を購入して、タワーまで楽して登っていけます。

ラージヒルノーマルヒルの間を登っていく時に、着地斜面が見えるんですが、すんげー急で、この時点でビビってる。

 

f:id:abdominalpore:20211125093726j:plain

 

タワーから、ラージヒルノーマルヒル、それぞれに行けるんですが、足元が金網になっていて、遥か下に地面が見えます・・・玉ヒュンです。

ラージヒルのテッペンからは、急勾配の助走路から踏切台、その向こうには白馬の街並みが一望できます。

こんなところから飛んでいく選手って、あたおか?

いやいや超人です、まじ尊敬に値します、ほんと。

 

f:id:abdominalpore:20211125093734j:plain

 

その後、白馬村内を車で走っていたところ、道路脇に白いタンクがチラッと目に入る。

なんか、すごく怪しい。

タンクに続く脇道には、進入禁止サインも進入禁止柵もない。

入って見にいくことに。

大きなタンクが3台、カナラインホースが伸びていて、明らかに液体を溜めてそう。

 

f:id:abdominalpore:20211125175508j:plain

 

一番奥にあるアーチから垂れ下がったカナラインホースから、チョロチョロと液体が垂れ流されています。

 

f:id:abdominalpore:20211125093636g:plain

 

この時点で、周囲には油臭が漂っており、温泉と確信。

温度を測定すると、44.4度。

やっぱ温泉だー!

 

f:id:abdominalpore:20211125093711j:plain

 

蓋し、構造物の形状から、このアーチの下にタンクローリーをつけて、カナラインホースから給湯して、どこかの施設に運んでいると思われ。

チョロチョロ垂れ流されているのは、バルブの閉め忘れなのか、あるいはオーバーフローした湯を逃すためなのかも。

 

これはもう、チョロチョロを溜めて入るでしょ。

 

f:id:abdominalpore:20211125093655j:plain

 

けっこうすぐ満タンになりました。

湯温は快適、濃厚な油臭が体をまとう、パワーのある湯。

ティスティングすると、ブワッっと油臭が広がり、その後に鹹味が残ります。

 

f:id:abdominalpore:20211125093703j:plain

 

しかし、どこに運んでるんだろ。

ぜひ、そこでも入湯してみたいなぁ。

⭐️⭐️長野県小谷村 ウマウマ強炭酸の冷鉱泉 松葉の湯

次は、同じ小谷村にある「松葉の湯」。

湯と名乗っていますが、冷鉱泉です。

Googleマップにも記載されていますので、すんなりと目的地に到着。

道路わきすぐの窪地に、水の流れが見えますので、迷うことはないです。

 

f:id:abdominalpore:20211125061355j:plain

 

窪地に近づいてみますと、水の流れは赤褐色に染まっており、鉱泉とすぐ分かります。

 

f:id:abdominalpore:20211125061404j:plain

 

湧出口には、石で祠のように組まれており、その中から湧き出しています。

石の上には、柄杓と漏斗が設置されています。

今でも、この鉱泉を汲みにくる人がいるんでしょうね。

 

f:id:abdominalpore:20211125061412j:plain

 

さて石組の中はというと、外の赤褐色の鉱泉とは違い、澱みのない鉱泉を湛えています。

ブクブクと泡が立ち上がっており、よく見ると微細な水沫が含まれているのが見て取れます。

 

f:id:abdominalpore:20211125061345g:plain

 

温度は19.3度。

設置してある柄杓で飲泉してみますと、ビックリ!すごい炭酸。

ほのかに鉄味がしますが、喉にキューッと来る炭酸の後に、出汁味が感じられます。

んまいなあ、コレ。

 

f:id:abdominalpore:20211125061444j:plain

 

美味しい鉱泉を楽しんだ後は、すぐ近くにある「cafe十三月」でランチ。

古民家を今風に改築したカフェでして、ど田舎(失礼)にあるにも関わらず、たくさんのお客さんが来られていました。

 

f:id:abdominalpore:20211125061421j:plain

 

こちらのランチは、本場のカレーを頂けます。

 

f:id:abdominalpore:20211125061437j:plain

f:id:abdominalpore:20211125061429j:plain

 

初めて食べるトッピングも美味しくて、ボリュームもあって、お腹がくちくなりました。