湯の中で屁を放ったようなブログ -とりとめのない無料温泉-

⭐️⭐️⭐️青森県むつ市 奥薬研温泉 元祖かっぱの湯

恐山から北上していくと薬研・奥薬研温泉エリアに。

こちらは奥薬研温泉にある「夫婦かっぱの湯」。

ここは有料施設です。

 

 

大畑川を望む河岸に露天風呂があります。

単純温泉ですので、恐山で濃い温泉に入った後の上がり湯として最高です。

残念ながら循環ですが、決して悪くない温泉。

 

 

さて「夫婦かっぱの湯」から車で1分ほどの場所にあるのが「元祖かっぱの湯」。

こちらは無料で入浴できる温泉です。

 

 

かっぱと言えば、尻子玉を引っこ抜くような人にイタズラする妖怪というイメージですが、下北のかっぱは人助けをしてくれる友好的な妖怪みたいです。

 

 

「元祖かっぱの湯」は湯船が一つで、元々混浴だったのですが、いつしか男女交代制になってます。

時代の流れですね・・・

 

 

駐車場から湯ノ股川沿いまで降りていくと、脱衣所と湯船があります。

「夫婦かっぱの湯」は有料施設だけあって、しっかりと清掃されていますが、「元祖かっぱの湯」の湯船にはたくさんの葉っぱが沈んでいます。

まっ、このブログを見るような人からすれば、全然キレイな方ですけどね。

 

 

屋根のように見えるのは日よけですね。

雨は降り込む構造です。

 

 

湯船の上流に源泉があり、そこからも漏れているのが見えます。

 

 

こちらは完全掛け流しの単純温泉です。

こんな立派な露天風呂が無料で入れるなんて、むつ市は太っ腹ですね。

 

 

⭐️青森県むつ市 恐山野湯群

恐山菩提寺から薬研温泉に向かっていくと、左手の正津川を挟んだ対岸に、木枠に囲まれた四角い湯船ぽいのが。

あれ入浴できるんじゃない?

 

 

河岸に降りますと、小地獄釜の湯と同じくらい、至る所から湧き出してます。

 

 

河岸の擁壁の配管からも、白濁〜黄白濁の冷鉱泉が垂れ流されている。

 

 

さて、サンダルに履き替えて、正津川を渡渉して、期待を膨らませて対岸へ。

 

 

とりあえず道路沿いから見えた温泉枡を確認。

 

 

うーん、ほとんど深さはなく、入浴できるような代物ではありませんでした。

 

恐山と掛けて、この温泉枡と説く、その心は?

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

イマイチw

 

温泉枡からは湯気が立ち、それなりに湧出してます。

この色から想像できるキーワードは、不快、不安、不調、不順、不具合、不健康・・・

こんなの入れないよ( ;  ; )

 

 

帰りも正津川を渡渉。

ちなみに正津川の別名は三途川。

無事に現世に戻れました。

 

 

⭐️⭐️青森県むつ市 恐山 小地獄釜の湯

久しぶりに下北半島に遠征。

下北半島で最も有名なのが恐山。

 

ja.wikipedia.org

 

 

恐山の菩提寺には、古滝の湯(男性)、冷抜の湯(女性)、薬師の湯(男女交代制)、花染の湯(混浴)と4ヶ所の湯小屋があります。

入山料を支払えば、すべての湯小屋が無料で利用できます。

 

 

菩提寺の開山は5月から10月までなので、訪れる際はご注意を。

ちなみに大昔、知らずに閉山期間に訪れてしまったことが。

しかし縁あって、閉山期間中の菩提寺の管理を一人で任されている方とお会いできることになって。

その管理人さんのご好意で、その夜、管理人小屋に宿泊させていただけることに。

管理人さんと一献傾け、温泉入り放題と、楽しい夜を過ごさせていただきました。

あと恐山の怖い話もお聞きし、ちょっとした心霊体験も味わいました((((;゚Д゚))))ガクガク

 

さて、恐山は活火山ですので、菩提寺の中はもちろん、周囲でも地熱活動が盛んです。

下の写真の右側の草地には、温泉民宿があったそうですが、とっくの昔に廃業してます。

 

 

廃業した温泉民宿周辺には、至る所で、熱い温泉、冷たい鉱泉が湧き出しています。

 

 

その中でも目についたのは、この毒々しい色で湧き出している温泉。

 

 

下流に堰が築かれており、入ってくれと言わんばかりの湯船。

ボコボコと湧き出す、足元湧出です。

 

 

34℃とややヌル目ですが、ここが一番良さそう。

 

 

この辺の温泉中にはヒ素が豊富に含まれているそうですので、烏の行水程度に控えておきました。

 

 

⭐️⭐️富山県◯◯市 北陸農政局温泉

某所にある北陸農政局温泉と言う名の温泉。

北陸の農政局が掘ったのか???

名前の由来は良くわかりません。

 

側溝のアワアワがスゴい。

だって、溶存物質が10g/kg以上だから、海水魚水槽のプロスキ(汚れを取り除くシステム)みたいな感じで、有機物で泡沫化してるのでしょうね。

 

 

ホースは側溝の配管の中から伸びてます。

ホースに供給できない温泉が、配管からも漏れ出てる。

なんでも750mくらい掘削したらしい。

 

 

さてティスティング。

うげっ、すっごく塩っ辛い!

あまりに塩っ辛いので他の味が分かりにくいけど、僅かに硫化水素臭と苦味も感じる。

これに入浴したら、傷口が沁みるだろうなぁ。

 

 

ちなみに、この周辺には金気の染み出しが至る所に見られました。

 

⭐️⭐️⭐️富山県◯◯市 忘れられつつある炭酸鉱泉(Special thanks 地元のおじいちゃん)

昔の資料を見ていたら、某市に炭酸鉱泉があるらしい。

とりあえず、あたりを付けて車中から探してみますが、全く分からない。

ちょうど、地元のおじいちゃんが歩いておられたのでお尋ねしたところ、ご案内していただけることに。

 

軽トラで先導してくれて、林道入り口に到着。

このすぐ近くかな?と思っていると、ここから30分ほど歩かないとダメとのこと。

見た感じ、おじいちゃん、80歳くらいぽい。

耳もだいぶ遠い・・・

申し訳ないので、あとは一人で登っていきますと告げたのですが、「一人では絶対に分からないから、連れてってやる」と。

ほんと、すみません・・・・・

 

 

林道脇の側溝は、僅かに金気色。

 

 

ところどころ、側溝に金気色のしぼり水が落ちてますね。

ただこの辺は汁程度なんで、スルー。

 

 

ここで、林道から伸びる獣道を進んでいきます。

 

 

この獣道は、村人の方が極々たまに歩く程度だそうで、おじいちゃんも数年ぶりだそうです。

そこそこ藪っているので、おじいちゃんが鎌で草刈りしながら進みます。

齢80ほどだと思うんですが、すごく矍鑠とされており、健脚でズンズン登って行かれます。

 

 

おじいちゃん「これ何か分かるか?イノシシが掘り返した跡だ」

ほー、気の根っこを食べるためだそうです。

あと、クマも出るそうです・・・

 

 

途中に石碑が。

昔はここに社があったそうです。

 

 

おじいちゃん「もうすぐそこだ」

しかしここからは、完全に獣道が消失するほど薮がヒドイ。

おじいちゃんは、効率良く確実に、鎌で藪を刈って進んでいきます。

 

 

薮と格闘すること10分ほど(ワタクシ、後ろで見てるだけでしたけど・・・)、ついに到着!

 

 

下手からもパシャリ!

 

 

おじいちゃん曰く、薬がほとんど手に入らなかった子供時分は、皮膚病や傷などがあれば、一升瓶にこの鉱泉を汲んで持ち帰り、皮膚にかけていたそうです。

それなりに効果はあったらしい。

 

簡単に良い薬が入手できるようになってからは、この鉱泉を汲みにくる人は皆無だそうです。

村人も数軒しか残っていないそうで、いずれ、人々から忘れられた鉱泉になるんだろうな。

 

その子供時分に汲んでいた場所は、ほぼ湧出が止まったみたいです。

しかし、おじいちゃん、懐旧の情に駆られたのか、鎌で湧出場所をホリホリ。

 

 

おじいちゃん「ダメだな、もうほとんど湧いていない」

 

 

ではでは、対岸のまだ湧いている方を観察。

 

 

それほど湧出量は多くないのですが、泡を伴ってユルユルと小川に流れています。

 

 

昔、この鉱泉を利用して、麓に浴場を作ろうという話が村人から出たそうですが、結局実現しなかったそうです。

 

 

おじいちゃんと一緒に鉱泉を飲んでみましたが、炭酸にミネラル感のある非常に飲みやすい鉱泉

子供の時に飲んだ味と同じだそうです。

 

しばらく鉱泉を堪能して、麓に戻りました。

おじいちゃん、多分こんなクソみたいなブログを見ることはないと思いますが、わざわざ連れて行ってくださり、ありがとうございました。

⭐️富山県南砺市 イオックス・アローザの無料温泉スタンド

イオックス・アローザはスキー場です。

夏場は夏場で、いろいろとイベントをしてるようです。

 

 

山肌にはゲレンデが見えますね。

 

 

コテージがあり、宿泊も可能。

温泉スタンドは、このコテージエリアにあります。

 

 

この石組みが温泉スタンド

特に案内板もないので、一見では温泉スタンドとは分からない。

 

 

石組みの中には、小さな案内板があります。

無料ですが、利用時間に制限があるとのこと。

鍵が必要と記載されていますが、蛇口を捻れば、温泉出てきました。

 

 

純粋なアル単ぽく、無味無臭。

浴びても、特にアルカリ感は感じないサッパリ湯でした。

ちなみに、同じ源泉を利用している「アローザ温泉 野草の宿 来夢」は長期休業(廃業?)のようです。

 

 

⭐️富山県氷見市 桑院鉱泉

桑院(くわのいん)鉱泉に向かいました。

この周辺が桑院という地名でして、数百メートル先には桑院神社もあります。

 

 

小川に架かっている橋を渡ると、小さな東屋が。

 

 

桑院鉱泉は、ここから数キロメートル山の奥から引っ張っているそうです。

 

 

桑院鉱泉の謂れです。

こちらは、白蛇の皆さんが利用されていたみたい。

 

 

昔は、常時、枡に鉱泉が満たされていたようですが、今は止まっています。

 

 

ですが、すぐ横にある蛇口を開けば、鉱泉が流れ出てきます。

謂れでは硫黄のような匂いがするとのことですが、どれだけ流しても、硫黄の匂いなど全くしない、無味無臭の鉱泉しか出てきませんでした。