湯の中で屁を放ったようなブログ -とりとめのない無料温泉-

【自然】

⭐️福島県下郷町 湯野上温泉 河原湯

桧原塾を訪れた後は、今夜の宿、会津東山温泉 向瀧です。 言わずと知れた老舗宿でして、登録有形文化財の第1号物件というだけあって、風情と趣のある重厚な外観。 ツレの誕生日だったので、奮発しました。 もちろん、源泉掛け流しの温泉を備えており、湯船…

⭐️⭐️⭐️北海道壮瞥市 蟠渓温泉オサルの湯

壮瞥市の蟠渓温泉オサルの湯に行きました。 オサルの湯という名前、歴史のある温泉でよく聞く、サルが源泉を発見したというのではありません。 目の前の川の名前である「長流川(おさるがわ)」が由来です。 ここは、川縁から湧出しているのです。 川の大水…

⭐️⭐️北海道伊達市 北湯沢温泉の河岸湧出

今回の目的は、北湯沢温泉の「旅館かわせみ」さんでの宿泊です。 が、某ネット宿泊サイトで予約したのに、宿に到着すると「本日休業日」の看板が・・・ その後すったもんだがありましたが、無事に宿泊できました。 「旅館かわせみ」は宿の雰囲気、温泉の質、…

⭐️北海道登別温泉町 大湯沼川天然足湯

「温泉のデパート」と言われている登別温泉、このエリアの山側に大湯沼があります。 名前の通り、湖底より硫黄泉が大量に湧き出しています。 沼全体が天然露天風呂なんですが、なんせ130度のお湯ですので、とても入湯できません。 ですが、大湯沼から流れ出…

⭐️⭐️⭐️宮城県大崎市 荒湯地獄

鬼首温泉より北東に10kmほどの山中に荒湯地獄があります。 荒湯地獄は硫黄鉱山があり、明治時代には湯治旅館もあったそうですが、今は禿げた地獄以外、何もありません。 さて、今回はぼっちでアタックですので、熊除けスプレーを持って、レッツゴー! すぐに…

⭐️⭐️宮城県大崎市 地獄谷遊歩道

鬼首温泉でmust-seeな場所として挙げられるの、鬼首かんけつせんと地獄谷遊歩道です。 地獄谷遊歩道は鬼首かんけつせんの隣の通りを進んで行ったところにあります。 駐車場から階段で降りて行きますと、まず目に入ってくるのが、このsteampunkぽい垂れ流し。…

⭐️⭐️宮城県大崎市 鳴子温泉のエメラルドグリーンの野湯

9種の泉質が湧く鳴子温泉。 西多賀旅館(有料)なんかは、グリーンぽいの含硫黄泉を楽しめます。 ですが、無料でも入れるグリーンの湯もあります。 こちらは、ほんとちょっとだけ藪漕ぎしたら見えてきます。 キレイなエメラルドグリーンです。 至る所の川底…

⭐️宮城県大崎市 鬼首温泉 道路脇の間欠泉

鬼首の地図を見ていたら、なんの施設もないところに温泉マークが。 これは調べてみなければと言うことで、訪れてみました。 橋を渡った草むらの影から、何やら岩が。 なんか怪しい雰囲気が漂っています。 近くで見ると、岩の下に水が溜まっています。 周囲も…

⭐️島根県津和野市 津和野赤井戸

津和野塩井戸の近くには、津和野赤井戸というのもあります。 昔は井戸があって、そこから真っ赤な鉱泉が湧き出していた様ですが、今はどうでしょう? その場所一帯には鉱泉で真っ赤に染められていました。 足元はぐちょぐちょで、靴がハマりながらも源泉に近…

⭐️⭐️島根県津和野町 津和野塩井戸

仕事で山口に行ったついでに、津和野の野湯、塩井戸に行ってみました。 畑横の畦道を進んでいくと、目的の野湯が見えてきます。 湯船からオーバーフローした湯によってトラバーチン様にコテコテしています。 近くで観察すると、非常に濃い茶色で、湯船の底は…

⭐️⭐️⭐️鹿児島県屋久島町 奥湯泊温泉

屋久島シリーズです。 湯泊温泉を楽しんだ後は、一旦服に着替えて、湯泊温泉のさらに奥に進んでいきますと、奥湯泊温泉があります。 こちらは湯船が二つあります。 まず一つ目。 自然の岩の合間から湯が湧き出しており、それをコンクリの土手を使って湯船に…

⭐️北海道鹿追町 然別峡温泉 ピラの湯&その他

さて、然別峡温泉シリーズの最後のご紹介はピラの湯です。 こちらはかなり探しましたが、ロープが木に結えられているのが目印です。 このロープを伝って川まで降りるのですが、かなり急な崖でザレ場になっていますので、一人で行かない方が良いかも。 ロープ…

⭐️北海道鹿追町 然別峡温泉 ペニチカの湯

然別峡温泉シリーズ。 崖下の湯が気持ち良くて、長湯をした後は、またまたスッパで移動です。 ペニチカの湯も、メノコの湯、崖下の湯からすぐ近くなのです。 ペニチカは、アイヌ語で川鳥という意味だそうです。 こちらも管理が行き届いており、期待が膨らみ…

⭐️⭐️⭐️北海道鹿追町 然別峡温泉 崖下の湯

然別峡温泉シリーズ。 メノコの湯を味わって、そのままスッパで移動です。 というのも、メノコの湯の一段下に、この崖下の湯があるからです。 キレイな薄青色をした湯が満ちています。 こちらの湯もしっかりと管理されておりますが、湯面には落ち葉や虫が浮…

⭐️⭐️北海道鹿追町 然別峡温泉 メノコの湯

然別峡温泉シリーズ。 ダム下の湯を堪能した後は、メノコの湯に向かいます。 メノコの湯のメノコは、アイヌ語で女の子のことを意味するそうです。 ダム下からは歩いて5分ほどのところにあります。 こちらもダム下と同様に、キレイに管理されています。 この…

⭐️⭐️⭐️北海道鹿追町 然別峡温泉 ダム下の湯

さて然別峡温泉シリーズの続きです。 鹿の湯は何の心配もしなくても到達できる野湯ですが、これからは人が全くいない森の中、ヒグマも出没するエリアとなります。 シイシカリベツ川に沿ってヒグマ生息エリアを登って行きます。 途中、道端にはヒグマのうんち…

⭐️⭐️和歌山県那智勝浦町 井関温泉 たらいの湯

和歌山県那智勝浦町にはたくさん野湯があります。 その中でも全国的に知名度の高い野湯の一つとして、ここ井関温泉たらいの湯が挙げられます。 県道46号より農道を通っていくと見えてきます。 源泉升から2本塩ビパイプを経て垂れ流されています。 温度は35…

⭐️⭐️⭐️東京都新島村 式根島 地鉈温泉

式根島シリーズその7(最後) 今まで行った野湯とは少し離れたところにあるのが、地鉈温泉。 さて「秘湯 地鉈」と記された石碑がある入り口からスタートです。 入り口すぐからの景色。 この景色が、鉈で切ったように見えることから「地鉈」と呼ばれています…

⭐️⭐️東京都新島村 式根島 白石川海中温泉

式根島シリーズその6 釜下海中温泉のすぐ東隣に、白石川海岸という白い細かい砂浜があります。 こちらのとある場所を掘ると温泉が湧き出すとのこと。 すでに誰かが湯船をこしらえていたので、もうちょっと掘って深さを稼ぎました。 ここも無色透明な湯が湧…

⭐️⭐️東京都新島村 式根島 釜の下海中温泉

式根島シリーズその5。 続いては、岩がゴロゴロの釜下海岸に湧く海中温泉です。 あっ、言い忘れていましたが、式根島の野湯のほとんどは島の南側に点在していますので、野湯のハシゴが容易です。 あと、干潮の時間に行ってください。 満潮の時間帯に行くと…

⭐️東京都新島村 式根島 船揚場スロープの湯

式根島シリーズその4。 山海の湯でお世話になったお父さんから聞き出した情報を元にやってきました。 漁船を上げ下ろしするための船揚場のスロープから、湯が湧き出しているそうです。 上の方からジグザグに探しますが、なかなか見つからず。 こりゃ見逃し…

⭐️⭐️⭐️東京都新島村 式根島 足付温泉

式根島シリーズその2 山海の湯を出てから次に向かったのが足付温泉です。 式根島観光協会のHPを見ますと、炭酸泉で55度、島内でここだけが無色透明な湯が湧き出ているとのこと。 あと、「足付温泉」の名の由来ですが、足に怪我したアシカがこの湯で癒したか…

⭐️⭐️⭐️東京都新島村 式根島 山海の湯

東京でも無料の温泉、入れるの? 入れるんですよ。 しかし、東京といっても、一筋縄では入れません。 なぜなら離島だから。 その名も式根島。 まずは本島から高速ジェット船に乗ります。 2時間ちょっとで式根島に到着です。 本島は曇っていましたが、式根島…

⭐️北海道島牧村 泊川河鹿の湯

道南シリーズです。 次に向かったのは、泊川の河鹿の湯です。 道道836号線を日本海側から登っていきます。 この道道836号島牧美利河線、日本海側から太平洋側まで開通させるつもりで工事を着工したのですが、開通工事を中止することが決まり、2005年以…

⭐️⭐️北海道八雲町 見市温泉 川の湯

道南シリーズです。 湯とぴあ臼別をいただいた後は、見市温泉旅館に投宿しました。 含重炭酸土類弱塩素泉とのこと、とても良い温泉宿でした。 翌朝、こちらの見市温泉旅館が引いている源泉がある周辺にも、野湯があるとのことで訪れました。 写真の上に見え…

⭐️⭐️⭐️北海道八雲町 平田内温泉 熊の湯

道南シリーズです。 意養温泉を堪能した後、再び日本海側まで出て、229号線を北上して八雲町の平田内(ひらたない)温泉 熊の湯までやってきました。 駐車場に車を止めて、舗装された道路を5分ほど歩いて登っていきます。 訪れたのが夕方だったためか、…

⭐️⭐️⭐️北海道上ノ国町 湯ノ岱温泉 河川敷の湯

道南シリーズです。 知内温泉の後は、道道5号を北上して、湯ノ岱(ゆのたい)温泉に向かいました。 途中、道路でキタキツネがウロウロ。 口には魚を咥えていました。 北海道のキタキツネが可愛くて、観光客が車から餌を与えるんですよね。 物乞いするキタキ…

⭐️⭐️北海道弟子屈町 屈斜路湖畔温泉郷 池の湯

道北シリーズその11。 次に向かったところは屈斜路湖畔温泉郷の池の湯です。 冬にはハクチョウがこの湯に浸かる景色が見られるらしい。 一体全体、誰がこれを作ったんだろ? 野湯?施設跡?よくわからんから野湯にカテゴライズ。 この辺もクマが出ることが…

⭐️北海道弟子屈町 屈斜路湖畔温泉郷 砂湯

道東シリーズその9。 昨夜は斜里町の斜里温泉 湯元館に投宿しました。 こちらはナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉の琥珀色のモール泉が掛け流されています。 翌朝、宿を出た後は弟子屈町の屈斜路湖にやってきました。 屈斜路湖畔にはたくさんの野湯がありま…

⭐️⭐️北海道羅臼町 瀬石温泉

道東シリーズその6 次は知床半島の南側を、半島先端に向かって進みました。 まず訪れたのは瀬石温泉です。 瀬石とは、アイヌ語のセセク(熱い)からきたものだそうです。 こちらの温泉、満潮時には海中に沈むそうで、干潮時を狙って訪れました。 こちらは7…